登録販売者求人ナビ ホーム > 登録販売者の資格と試験 > 登録販売者とは

登録販売者とは

登録販売者とは、2009年の改正薬事法で新設された医薬品を販売できる資格です。
これまで薬剤師にしか認められなかった改正により、一般用医薬品販売を登録販売者も販売できることを認められました。しかし、登録販売者が販売できる一般用医薬品は限定されています。一般用医薬品は身体への影響度から第1類から第3類に区分され、第1類は薬剤師のみ、第2類・第3類は登録販売者でも販売できるようになりました。(薬剤師は第2・第3類も販売可)

登録販売者は、販売に関してお客様から相談があった場合は応じなければいけない義務や相談がない場合でも情報提供をする努力義務がありますので、一般用医薬品についてしっかりとした知識を持つ必要性があります。

医療費の削減が国家的課題となり、セルフメディケーションが重要視されている現在において、薬事法改正を機に登録販売者の有資格者の活躍のフィールドが広がっています。

薬事法改正後の変化(※1)

薬事法改正前   2009年薬事法改正
販売場所 薬局
ドラッグストア
薬局
ドラッグストア
コンビニエンスストア
スーパー・ホームセンター
量販店
販売者 薬剤師
薬種商
薬剤師
登録販売者

一般薬品(OTC)の分類(※2)

OTC医薬品分類 対応する専門家 情報提供 相談対応
第1類医薬品 薬剤師 文書での情報提供(義務) 義務
第2類医薬品 薬剤師
登録販売者
努力義務
第3類医薬品 法律上の規定無し
登録販売者の資格と試験
登録販売者とは
登録販売者になるには
登録販売者試験について
登録販売者の転職成功事例
お電話でのお問い合わせ 0120-332-290 ※携帯・PHSからもご利用になれます。受付時間 平日10:00?18:00(土日祝日除く)