登録販売者求人ナビ ホーム > 登録販売者の資格と試験 > 登録販売者になるには

登録販売者になるには

登録販売者試験は各都道府県が実施しており、試験日程も都道府県によって異なります。各都道府県で試験が行われる為、試験問題の難易度に違いができないよう厚生労働省のガイドラインを基にして問題を作成します。
出題範囲は厚生労働省の「試験問題の作成に関する手引き」によって定められています。

登録販売者への道(概要)
登録販売者試験の合格、就業先の決定、販売従事登録の申請・発行、就業先での登録
受験資格について
平成26年度以前の試験では受験資格として実務経験1年以上等の要件が定められていましたが、平成27年度より、学歴・年齢・経験ともに不問となりました。
平成27年4月~ 変更点まとめ
  • ① 平成27年度以降の登録販売者試験は、実務経験は不問
  • ② 試験合格後、実務・業務従事期間が通算して2年に満たない期間に登録販売者として就業する際、名札で来店者が判別できるように「登録販売者(研修中)」などの表記が必要
  • ③ 登録販売者が店舗管理者になるには、実務経験が2年必要。(5年以上前の実務経験は加算不可。直近5年間のうち2年以上の実務経験が必要)
  • ④ なお、平成28年7月31日までの経過措置として、上記の日程までは過去5年以内に1年間、月80時間の実務証明があれば管理者となれる。
  • ⑤ 平成26年度までの試験合格者は、平成32年4月1日時点で過去5年以内に通算2年以上の実務経験が無い場合、店舗管理者・管理代行者になれない。
平成26年度
(2014年度)まで
平成27年度
(2015年度)
平成28年度
(2016年度)以降
平成27年(2015年)8月1日時点で過去5年間のうち通算1年間の実務経験が 過去5年間のうち、通算2年以上の実務経験が
ある人 ない人 ある人 ない人
受験資格 ・大学などで薬学に関する専門の課程を修了した者
・高校卒業以上で、1年以上一般用医薬品の販売等に関する実務に従事した者
・上記に掲げる者と同等以上の知識経験を有すると東京都知事が認めた者
学歴不問
(どなたでも受験可)
第二類・第三類
医薬品販売
販売できる 販売できる 販売できる
(条件付)※参照
販売できる 販売できる
(条件付)※参照
第二類・第三類
店舗管理者
販売従事登録後、
すぐに可能
販売従事登録後、
すぐに可能
販売従事登録後、
すぐには不可能
販売従事登録後、
すぐに可能
販売従事登録後、
すぐには不可能
従事者の
表記区別義務
「登録販売者」
または
「薬品登録販売者」
「登録販売者」
または
「薬品登録販売者」
例)
「登録販売者(研修中)」や「登録販売者(実習中)」など
「登録販売者」または
「薬品登録販売者」
例)
「登録販売者(研修中)」や「登録販売者(実習中)」など
経過措置の
条件など
平成32年4月1日時点で過去5年以内に通算2年以上の実務経験がない場合→店舗管理者・管理代行者になれない 平成28年8月1日時点で過去5年以内に通算2年以上の実務経験がない場合→店舗管理者・管理代行者になれない - - -
※参照 実務経験が過去5年間で通算2年に満たない登録販売者(『登録販売者 研修中』)は、
薬剤師又は登録販売者(店舗管理者・管理代行者の要件を満たした者)の管理及び指導の下に
医薬品の販売に従事させる必要がある。

登録販売者の資格について、よくある質問を見る→Q&A登録販売者の資格について

登録販売者の資格と試験
登録販売者とは
登録販売者になるには
登録販売者試験について
登録販売者の転職成功事例
お電話でのお問い合わせ 0120-332-290 ※携帯・PHSからもご利用になれます。受付時間 平日10:00?18:00(土日祝日除く)