APOPLUS 登販ナビ Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 登録販売者 求人・転職TOP
  2. 登録販売者お役立ち情報
  3. 登録販売者のための業界コラム
  4. 基礎知識
  5. 登録販売者の給与について

基礎知識登録販売者の給与について

2016.12.27

登録販売者としてどのくらいの給与が見込めるのか?気になるところですよね。
今回はこれまでの弊社でのご紹介実績などを基に、正社員として勤務された場合の年収や手当などをお伝えします。

登録販売者手当について

就業先にもよりますが、登録販売者の資格をお持ちの方には、「登録販売者手当」が付きます。その金額は企業により異なり、3,000円~20,000円と幅広くなっています。店舗管理者になれる実務経験を有している方には、更に店舗手当を別途支給する事もある為、手当の金額はまちまちです。 基本給は一般従事者と大きな差はありませんが、資格手当が増えることで給与のアップが見込めるケースが多いようです。

実際の年収について

登録販売者資格を取得すると、様々な業態にて勤務することができます。その業態別の平均的な年収は以下の通りです。

業態別の平均的年収

業態年収
ドラッグストア 300万円~400万円
ホームセンター・スーパー・家電量販店 250万円~300万円
置き薬・薬店 250万円~350万円
調剤薬局 250万円~
コンビニエンストア 250万円~
※年収は弊社調べ、中途入社時の年収となります。

なお、ドラッグストアにおいて、これまで店長や部長、バイヤーなどの経験がある方では、年収500万円以上で入社された方もいらっしゃいますし、地方に展開しているドラッグストアなどでは、入社後1年半で年収600万を超えた方もいらっしゃいます。
ですので、上記はあくまで一般的な数値であり、実際にはそれまでの経験や入社後のご活躍により、入社時の年収、及びその後の伸び率に大きな差があるようです。

同じ会社に正社員として入社しても、初任給や賞与に差があるケースがあります。

ドラッグストアですと正社員=全国域総合職という場合が多いですが、一部の企業では地域限定職という働き方もあります。

中国・四国エリアのドラッグストア店舗と販売額

全国域総合職の場合
月収 平均20~22万円
賞与 年2回平均3~4か月
年収 平均300~400万円前後
地域限定職の場合
月収 平均18~20万円
賞与 年2回平均2~3ヶ月分
年収 平均250~300万円前後

月収にすると約1割、賞与は約1.5倍、年収にすると約1.2倍ほど差が生じてきます。

なお、全国展開しているドラッグストアと、関東エリアなどの地域限定で展開しているドラッグストアの年収に大きな差はないようです。

店長や部長などの役職がある方は、必ずと言って良いほど登録販売者の資格をお持ちです。 これからのキャリアパスはもちろん、政府が推奨する「セルフメディケーション」という考え方に基づき、登録販売者は今後更なる需要が見込まれます。
その中でも高く評価される働き方が明確になってきています。ご自身のこれまでの経験や今後のキャリアパスについて、今一度考えてみてはいかがでしょうか

【無料】登録販売者専門の転職相談、転職サポート申込みはこちら新しいウィンドウで開きます

カテゴリ一覧

登録販売者のための業界コラムTOPへ