APOPLUS 登販ナビ Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 登録販売者 求人・転職TOP
  2. 登録販売者という職種
  3. 登録販売者試験の受験申込みから合格までの流れ

登録販売者試験の受験申込みから合格までの流れ

一般用医薬品(市販薬)を販売できる専門資格である登録販売者になるには、登録販売者試験に合格しなければなりません。この試験には、受験申込みから合格までに、5つのステップがあります。

  1. STEP1受験申請書の入手

    まず、受験を希望する都道府県から、受験申込書(願書)を入手します。都道府県によっては、返信用の切手や封筒を送って郵送で取り寄せることもできます。願書の配布時期は都道府県によって異なりますので、受験を希望する都道府県のウェブサイトなどをご確認ください。

  2. STEP2受験申請書を提出

    受験申請書に必要事項を記入し、申請に必要な書類といっしょに提出します。受験申請に必要な物は、受験資格を有することを証する書類と写真のほか、各都道府県が必要とする書類となります。申込期日に遅れないように、余裕を持って準備しましょう。

  3. STEP3受験票の送付

    願書提出後に受験票が手元に届きます。失くしたり、試験当日に忘れたりしないように、しっかり保管してください。

  4. STEP4受験

    試験はマークシート方式です。マークシート専用の筆記具なども販売されているので、準備しておくのも良いでしょう。
    自宅から試験会場への道順や所要時間は、事前に必ずチェックします。

  5. STEP5合格発表

    合格発表は、公告によって行われます。また、合格者には都道府県知事から合格書が授与されます。その後、都道府県知事から証書(合格通知書または合格証明書)が送られてきます。

登録販売者試験合格後の流れ

登録販売者試験に合格し、登録販売者として働くことを希望する場合は、実際に働く勤務地がある都道府県に登録販売者販売従事登録をする必要があります。
ただし、販売従事登録申請は、就職先が決まっていないと申請できません。

登録販売者販売従事登録に必要なもの

  • 都道府県ごとの販売従事登録申請書
  • 申請者が、登録販売者試験に合格したことを証明する証書(合格通知書または合格証明書の原本を添付)
  • 戸籍謄本、抄本または戸籍記載事項証明書
  • 医師の診断書(申請者に精神機能障害がないこと、また麻薬や大麻、あへん、覚醒剤などの中毒者でないことの証明書)
  • 雇用契約書の写しや、勤務することを証明する書類(申請者が薬局開設者や医薬品販売業者の場合は不要)
  • 登録手数料(金額は都道府県ごとに異なります)

合格後、しばらくしてから就職先が決まり、合格通知や証明書を失くしてしまった場合には、都道府県ごとに決められている手続きを行って再発行してもらいます。ただし、日数や手数料がかかる場合があります。

アポプラス登販ナビの登録メリット

  1. 1
    10年以上の実績と「登録販売者専門」の豊富な知識が、理想の職場へつなぎます。 登録販売者に特化したチームで、企業と求職者のベストマッチングが実現できています。
  2. 2
    面接設定後の内定獲得率は80%以上、求人紹介から入社まで一気通貫サポート。 面接対策や面接同行を行い、一人ひとりに寄り添ったサポートが高い内定率につながります。
  3. 3
    業界No.1の求人数。雇用形態や業態ごとに、求職者に合った働き方をご提案。 あらゆる業態で最多求人数を扱っており、さまざまなな働き方をご提案いたします。