APOPLUS 登販ナビ Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 登録販売者の求人・転職・募集の専門サイト
  2. 登録販売者という職種
  3. 登録販売者には実務経験が必要!

登録販売者には実務経験が必要!

以前、登録販売者試験を受験するには、学歴や年齢といった受験資格が必要でした。しかし、2015年度の登録販売者制度の改正で、受験資格の条件が緩和され、誰でも受験することが可能となりました。
その分、資格を取得した人が実際に現場で働くため重要視されるようになったのが「実務経験」です。現在、登録販売者として就業し、自立して売り場に立つためには、直近5年間で2年以上の実務経験(月80時間以上)が必須です。この要件を満たさない場合には「登録販売者(研修中)」という扱いとなり、薬剤師または登録販売者(店舗管理者・管理代行者の要件を満たした者)の管理および指導のもとで医薬品販売の実務に従事しなければならず、その間は店舗管理者や管理代行者にはなれません。

実務経験として認められる経験とは?

では、登録販売者の実務経験として認められる仕事とは、どのようなものなのでしょうか?
具体的には、以下のようなものがあります。

  • 一般従事者として、薬剤師・登録販売者の管理下で医薬品販売の実務に従事した
  • 登録販売者として、薬剤師・登録販売者の管理下で医薬品販売の業務に従事した
  • 登録販売者として、店舗管理者または区域管理者の医薬品販売の業務に従事した

登録販売者の実務経験として認定されるために必要なのは、資格の有無や働いた業態ではありません。薬剤師または管理登録販売者の指示を受けて働いたかどうかが認定のポイントとなります。つまり、登録販売者の資格を取得する以前に、OTC医薬品と呼ばれる一般用医薬品を取り扱っているドラッグストアや薬局・薬店、コンビニエンスストア、ホームセンター、調剤薬局などで、薬剤師や管理登録販売者から指示を受けて働いた経験が、実務経験としてカウントされることになります。

年度別の受験資格と実務経験について

左右にスワイプできます

平成26年度
(2014年度)まで
平成27年度
(2015年度)
平成28年度
(2016年度)以降
平成27年(2015年)8月1日時点で過去5年間のうち通算1年間の実務経験が 過去5年間のうち、通算2年以上の実務経験が
ある人 ない人 ある人 ない人
受験資格
  • 大学などで薬学に関する専門の課程を修了した者
  • 高校卒業以上で、1年以上一般用医薬品の販売等に関する実務に従事した者
  • 上記に掲げる者と同等以上の知識経験を有すると東京都知事が認めた者
学歴不問
(どなたでも受験可)
第二類・第三類
医薬品販売
販売できる 販売できる 販売できる
(条件付)
※欄外参照
販売できる 販売できる
(条件付)
※欄外参照
第二類・第三類
店舗管理者
販売従事登録後、
すぐに可能
販売従事登録後、
すぐに可能
販売従事登録後、
すぐには不可能
販売従事登録後、
すぐに可能
販売従事登録後、
すぐには不可能
従事者の
表記区別義務
「登録販売者」
または
「薬品登録販売者」
「登録販売者」
または
「薬品登録販売者」
例)
「登録販売者(研修中)」や
「登録販売者(実習中)」など
「登録販売者」
または
「薬品登録販売者」
例)
「登録販売者(研修中)」や
「登録販売者(実習中)」など
経過措置の
条件など
平成32年4月1日時点で過去5年以内に通算2年以上の実務経験がない場合→店舗管理者・管理代行者になれない 平成28年8月1日時点で過去5年以内に通算2年以上の実務経験がない場合→店舗管理者・管理代行者になれない - - -
  • 実務経験が過去5年間で通算2年に満たない登録販売者(『登録販売者 研修中』)は、薬剤師又は登録販売者(店舗管理者・管理代行者の要件を満たした者)の管理及び指導の下に医薬品の販売に従事させる必要がある。

【受験資格】旧制度(2014年以前)の合格者は要注意!

実務(業務)従事証明書について

実務経験が要件を満たしていることを証明するためには、「実務(業務)従事証明書」が必要となります。申請書の書式は、各都道府県のウェブサイトより入手可能です。提出に必要な実務経験の記録は、実務経験を積んだ勤務先に記入してもらいます。現在、その職場で働いている場合はもちろんのこと、すでに退職してしまっている場合でも、過去5年間にさかのぼり当該の職場に対して、実務証明書発行の申し出が可能です。申し出があった場合、勤務した企業側には証明書を発行する義務が生じます。

実務経験年数の計算方法

実務経験年数は、1ヵ月に80時間以上従事した場合に認定されます。なお、1ヵ月に80時間勤務したと換算されるのは、同一月・同一店舗において実務・業務を行った場合となります(同一月に、同一業者の複数店舗にまたがって1ヵ月に合計80時間以上業務に従事した場合も、実務経験として認められます)。

実務経験が就職活動に与える影響について

医薬品を扱う店舗では、店舗内の薬剤師、登録販売者、その他の従業員を監督し、医薬品やその他の物品の管理を行う「店舗管理者」を配置しければなりません。実務経験2年に満たない「登録販売者・研修中」の立場では、店舗管理者となることができません。つまり、店舗管理者となる実務経験の条件を満たした人であれば1人でも店舗を運営することはできますが、「登録販売者・研修中」の人が1人では店舗を運営することができません。そのため、就職活動をする場合には、実務経験が足りないと不利になる場合があります。
特にスーパーマーケットやホームセンター、家電量販店といった業態の場合、そもそも登録販売者の配置が少ないため、どうしても実務経験のある方が優先される傾向があります。実務経験の要件が満たない段階で就職活動をする場合には、こうした背景も考慮して、薬剤師または管理登録販売者が在籍し、きちんと実務経験を積むことができるドラッグストアなどの業態を選ぶのがおすすめです。

アポプラス登販ナビの登録メリット

  1. 1
    10年以上の実績と「登録販売者専門」の豊富な知識が、理想の職場へつなぎます。 登録販売者に特化したチームで、企業と求職者のベストマッチングが実現できています。
  2. 2
    面接設定後の内定獲得率は80%以上、求人紹介から入社まで一気通貫サポート。 面接対策や面接同行を行い、一人ひとりに寄り添ったサポートが高い内定率につながります。
  3. 3
    業界No.1の求人数。雇用形態や業態ごとに、求職者に合った働き方をご提案。 あらゆる業態で最多求人数を扱っており、さまざまなな働き方をご提案いたします。