APOPLUS 登販ナビ Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 登録販売者 求人・転職TOP
  2. 登録販売者お役立ち情報
  3. 登録販売者のための業界コラム
  4. 業界トピックス
  5. ドラッグストア・薬局・薬事関連ニュースまとめ(2019年4月16日~30日)

業界トピックスドラッグストア・薬局・薬事関連ニュースまとめ(2019年4月16日~30日)

注目の新商品

●【新製品】ダイエットサポート飲料でRIZAPコラボ‐「コバラサポートR」発売 大正製薬

大正製薬=パーソナルトレーニングジム運営のRIZAPと、ダイエットサポート飲料のコラボ製品「コバラサポートR」(区分は清涼飲料水)を開発し、全国のコンビニ、ドラッグストアのほか、同社通販サイトやアマゾン等で発売した。トリプルサポート成分(ビタミン、アルギニン、ヒハツ)配合で、空腹時にお腹でふくらみ、カロリーゼロ・糖質ゼロ。1缶245mLで、税別希望小売価格200円。

https://www.yakuji.co.jp/entry71363.html

<ドラッグストア・薬局業界>

●ドラッグストアがさらに進化 自己採血で生活習慣病チェックも

「近年のドラッグストアは、よろずや的な様相です。激安食品や健康関連商品、コスメや日用品、薬のPB(プライベートブランド)も充実しています。さらにポイントも2倍取りできるところも! お得に買い物をしたいなら、まずはドラッグストアをのぞいてみるべきです」

https://www.moneypost.jp/528164

●【ウエルシアHD】ドラッグストア戦争で「空白地」をどう攻める

ウエルシアホールディングス(HD)は、ドラッグストアチェーンを運営する持株会社である。中核企業の「ウエルシア薬局」が北海道、四国、九州・沖縄を除く全国に1723店舗展開するほか、京都府で58店舗を出店する「ダックス」や、青森・秋田・岩手で93店舗を展開する「ハッピー・ドラッグ」「ハッピー調剤薬局」などを傘下に抱える。2016年度に売上高がマツモトキヨシホールディングス(HD)を抜き、国内ドラッグストア業界トップとなった。マツモトキヨシHDの首位陥落は実に22年ぶりである。ウエルシアHDが国内トップとなった原動力はM&Aだ。

https://maonline.jp/articles/archives_welcia_holdings190418

<その他関連情報>

●10月6日は「登録販売者の日」

先日開かれた第19回JAPANドラッグストアショーで10月6日を「登録販売者の日」に記念日制定したことが発表された。「とう(10月)ろく(6日)」の語呂合わせだが、昨年12月に一般社団法人「日本記念日協会」に登録された

https://www.yakuji.co.jp/entry71020.html

●208の市販薬データをポケットサイズにまとめた「クスリ早見帖ポッケ」が2019年4月15日発売

2014年から全国の病院に市販薬データ集「クスリ早見帖[フリーペーパー]」を配布している株式会社プラメドプラスは、京都府を中心に書店を展開する株式会社大垣書店から、市販薬データをまとめた『クスリ早見帖ポッケ かぜ・解熱鎮痛・咳止め・鼻炎の市販薬』を出版、2019年4月15日より全国の書店で発売いたします。(略)本書は、「市販薬」を生活者に正しく、安全に利用してもらうため、ドラッグストアの販売スタッフが出来るだけ正確にアドバイスをしたい、という意識から誕生しました。

https://www.value-press.com/pressrelease/219479

●冷凍食品利用実態 意外な購入場所、まとめ買いは過去のもの?

一般社団法人日本冷凍食品協会が冷凍食品の利用実態を調査・発表した。約8割が使っていると答えた一方で、その購入場所は多様化。コンビニを抑えて2位となった意外な購入場所とは?

https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/watch/00013/00344/

●バラエティ型コンビニエンス・ドラッグストアを展開する薬王堂の給料はどのぐらいか 企業年収給与研究シリーズ

シリーズでお伝えしている「企業年収給与研究」。最新の有価証券報告書をもとに注目企業の従業員の年収・給与や従業員数を見ていきましょう。今回は国内大手のドラッグストアチェーン運営企業である薬王堂です。

https://limo.media/articles/-/10389

●ドラッグストア日用品の「リピート率ランキング」を発表

リピート率とは、対象商品を購入する人のうち何割がリピーター(2回以上購入する人)かを示す指標です。今回の調査では、ハンドクリーム、歯ブラシ、マスカラ、シャンプー、制汗防臭剤、ドッグフードの6カテゴリについて、2018年の年間売上個数上位100商品を対象にリピート率を集計しました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000039871.html

<総評>

4月16日~30日配信分で注目したい記事はこの2つです。

●208の市販薬データをポケットサイズにまとめた「クスリ早見帖ポッケ」が2019年4月15日発売

「クスリ早見帖ポッケ かぜ・解熱鎮痛・咳止め・鼻炎の市販薬」が、日本全国の書店で発売されました。本家の「クスリ早見帖」は、病院向けに無料配布されているA4版の市販薬データ集ですが、本書は「市販薬について正しく安全で正確なアドバイスをしたい」という、ドラッグストアの販売スタッフの要望を受けて作成されたポケットサイズ版です。ドラッグストアに勤務している薬剤師と登録販売員のニーズに合わせて、よく使われる208の市販薬の「効能・効果、成分・分量、用法・用量」の記載だけでなく、セルフメディケーション税制対象品であることを示すマークや、注文や在庫確認に欠かせないJANコードも掲載されており、手放せない一冊となりそうです。

●ドラッグストア日用品の「リピート率ランキング」を発表

購買データ分析を行っているデータマーケティング企業の株式会社True Dataが、ドラッグストア日用品のリピート率に関する興味深いランキングを発表しました。ハンドクリーム、歯ブラシ、マスカラ、シャンプー、制汗防臭剤、ドッグフードの6カテゴリについて、2018年の年間売上個数上位100商品を対象にリピート率を集計したところ、高リピート率商品には「ロングセラー商品が多い・万人受けではない商品もトップになる・企業規模は関係ない」という3つの特徴があることがわかりました。売り場のラインナップに、定番商品をキープしておくことは重要といえそうです。

※この記事内の情報は、すべて掲載時点のものです。

カテゴリ一覧

登録販売者のための業界コラムTOPへ