APOPLUS 登販ナビ Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 登録販売者 求人・転職TOP
  2. 登録販売者お役立ち情報
  3. 現場で使える知識・ノウハウ
  4. 登録販売者のキャリアの積み方について

登録販売者のキャリアの積み方について

登録販売者は本来、医薬品販売のプロフェッショナルですが、ドラッグストアやスーパー、コンビニエンスストア、ホームセンターなどの現場でキャリアアップするためには、むしろマルチプレーヤーになることが求められます。 そこで、登録販売者が上手にキャリアを積み上げていくための方法をご紹介します。

実務経験を積み、「研修中」から「一人前」へ

2015年に薬事法が改正され、登録販売者は資格試験に合格した後に実務経験を積むことが必須となりました。登録販売者として自立して働くためには、正社員やパートといった働き方の違いによらず、法に定められた「薬剤師もしくは研修中ではない一人前の登録販売者のもとで過去5年以内に月80時間以上の実務・業務経験を2年以上」という実務経験をクリアすることが必要です。この期間は、先輩の登録販売者のもとで、さまざまな知識やスキルを身に付けるチャンスでもあります。積極的に医薬品の専門知識を吸収し、顧客応対のスキルを身に付けましょう。

<実務経験期間に身に付けたい知識・スキル>

  • レジ打ち
  • 品出し
  • 商品の配置
  • 店の主流商品を中心とする商品知識
  • 新商品の知識
  • 自社ブランド(PB商品)に対する知識

商品知識と接客スキルの習得を

登録販売者にとっては、医薬品に関する知識と接客のスキルは、いわば車の両輪のようなもので、どちらが欠けても一人前の登録販売者として認めてもらうことはできません。登録販売者の資格試験で求められるのは、花粉症に効果のある成分が何かという薬学知識です。しかし、医薬品の売り場で求められるのは、その有効成分が入った点鼻薬はどの製品なのかという商品知識です。積極的にお客様に声掛けをし、より多くのケースを経験すれば、自然と登録販売者としてのスキルアップができます。

接客で一番難しい点は、これが模範解答という「正解」がないことです。あるお客様にとっては積極的に話しかけることが最良のサービスになりますが、その一方で自分が求めるとき以外は話しかけられたくないという人もいます。とはいっても、明るい笑顔で接する、清潔感のある身だしなみを保つといった、最低限守るべきルールもあります。登録販売者であれば、医薬品の知識は持っていて当たり前で、より上のキャリアを目指す際に差の出る部分が、実は接客スキルなのです。 自分の具合が悪いときにドラッグストアに薬を探しに行ったらどんな接客をしてほしいかを考えながら、登録販売者として接客のスキルアップを図っていきましょう。

重要な店内営業の業務

登録販売者は、あくまで店舗で働く従業員です。医薬品のアドバイスといった登録販売者ならではの業務は常に最優先すべきですが、商品の発注や品出し・在庫管理といった店舗営業の業務も重要です。 将来的にキャリアアップを目指すのであれば、店内業務全般をスピーディーかつ効率的にこなせるようになることが求められます。特に、発注業務は重要で、将来的に店舗管理者を目指すのであれば、なるべく早くノウハウを身に付ける必要があります。

登録販売者としてのキャリアプランをしっかり考えよう

登録販売者のキャリアは、勤務先によってゴールが異なります。そのため、転職を考える際には、「あくまで現場にこだわって、店舗管理者として力を発揮したい」のか、「登録販売者の仕事の枠を越えて、バイヤーや人材教育、店舗開発といった仕事にもチャレンジしたい」のかなど、将来のキャリアプランをしっかり立て、それに合わせて転職先を選ぶことも必要です。

アポプラスステーションでは、キャリアプランの立て方から、そのプランに合った求人・就業先の紹介、企業ごとの面接対策(練習)から面接同席、就労後のフォローまで、一貫してプロの専任コンサルタントがサポートしています。登録販売者のキャリアの積み方についてお悩みの方は、アポプラスステーションの無料転職サポートにお申し込みください。

アポプラス登販ナビの登録メリット

  1. 1
    10年以上の実績と「登録販売者専門」の豊富な知識が、理想の職場へつなぎます。 登録販売者に特化したチームで、企業と求職者のベストマッチングが実現できています。
  2. 2
    面接設定後の内定獲得率は80%以上、求人紹介から入社まで一気通貫サポート。 面接対策や面接同行を行い、一人ひとりに寄り添ったサポートが高い内定率につながります。
  3. 3
    業界No.1の求人数。雇用形態や業態ごとに、求職者に合った働き方をご提案。 あらゆる業態で最多求人数を扱っており、さまざまなな働き方をご提案いたします。