APOPLUS 登販ナビ Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 登録販売者 求人・転職TOP
  2. 登録販売者お役立ち情報
  3. 転職ノウハウ
  4. 登録販売者の履歴書・職務経歴書の書き方

登録販売者の履歴書・職務経歴書の書き方

登録販売者の資格を取得し、実際に就職活動を始めるための第一歩となるのが履歴書・職務経歴書の作成です。履歴書は、「まだ自分のことを知らない人に自分がどんな人物なのか知ってもらう」ことを伝えるための資料です。また、職務経歴書は、これまでの経験した職務や実績を具体的にまとめ、転職理由や志望動機などをアピールできる書類です。内定を勝ち取るために、登録販売者ならではの履歴書と職務経歴書の書き方をマスターしましょう。

履歴書は“顔”と同じ!

履歴書は、あなたの経歴や志望動機、自己PRなどを書いたもので、採用にあたって基本的な書類となります。いわば、あなたの“顔”と同じです。きちんと書式どおりに書けているか、誤字・脱字がないかも、採用担当者が最初にチェックします。ですから、初対面の採用担当者にも自分自身の第一印象をどうアピールし、いかに興味を持ってもらえるかを意識して記入しましょう。中でも、採用選考の際に最も注目されるのが志望動機です。「あなたがなぜ転職したいのか」「転職によって何を実現したいのか」「応募先の企業でどのように働きたいか」「これまでの経験やスキルによってどのような貢献ができるのか」を簡潔にアピールします。面接では、履歴書に書かれた内容を基に質問される場合が一般的です。面接で質問されることも想定しながら書くことをおすすめします。

〈登録販売者のための効果的な履歴書の書き方のポイント〉

●記入方法の注意点
  • 最近はパソコンで作成した履歴書も容認されていますが、手書きと指定のある場合は手書きで書く
  • 筆記具は黒のボールペンか万年筆を使用する。消えるボールペンはNG
  • 誤字・脱字があった場合には修正液は使わずに、必ず新しい用紙で書き直しをする
  • 相手が読みやすいように丁寧に書く
●写真の注意点
  • 顔写真だけであってもジャケット着用が基本
  • 原則直近3ヵ月以内に撮影した証明写真を使用
  • 髪型や服装は清潔さを心掛け、明るく健康的なイメージを意識する(前髪が無造作に顔にかかっていると、暗く不衛生な印象を与えるので注意する)
  • 女性の場合、化粧はあまり派手にせず、アクセサリーの使用は控える
●記載内容の注意点
  • 自己PR欄では、自分の経験や強みをしっかりアピールする
  • 志望理由欄では「なぜここで働きたいのか」を明確に記載し、ネガティブな表現は避けて、前向きな理由を書く
  • 志望動機で「貴社の将来性に魅力を感じました」「経営方針に共感しました」といったよくある表現は使用せず、できるだけ自分なりの表現で、どうしてもこの会社や店舗で働きたいという熱意が伝わるように書く
  • 学歴と職歴の行間は1行空けて、センター合わせで「学歴」「職歴」と書く
  • 学歴の中で、応募職種で活かせる専攻や研究テーマがあれば詳しく記載する
  • 空白が目立つ履歴書は印象が良くないので、空白が多い場合には学歴を「中学卒業年次」から記入するなど、空白を作らない工夫をする
  • 実務経験は相手にわかりやすいように、できるだけ具体的に記載する
●その他の注意点
  • 面接官は、履歴書に書かれた内容を基に質問をするため、記入する際には面接でどんな質問をされるか想定しながら書く
  • 採用のポイントとなる志望動機欄が広めの履歴書用紙を選ぶ
  • 転職回数が多くても、正直にすべて記入する

職務経歴書で効果的にアピール!

職務経歴書は、自分の職務経歴を振り返って文章化する書類です。職務経歴書には、履歴書のようなフォーマットはありません。しかし、書き方としては一般的に「編年体式」(時系列で経歴を記載)と「キャリア式」(スキル・職種別に経歴を記載)の2種類のパターンがあります。
登録販売者の場合、特にそのほかの職種での職務経歴がなければ、編年体式が書きやすいでしょう。

〈登録販売者のための効果的な職務履歴書の書き方のポイント〉

  • 職務経歴書は定型の用紙もなく、文章量も多くなるため、パソコンで作成するのが一般的
  • 文章は「です」「ます」調でそろえる
  • A4サイズの用紙1~2枚で、簡潔にわかりやすくまとめる
  • 職務経験は基本的に古いものから昇順で記載するが、登録販売者としてアピールしたい職歴がある場合は新しいものから降順で書く
  • 履歴書と職務経歴書で記載の仕方は、西暦か和暦のどちらかに統一する
  • 退職理由を書く場合には、ネガティブな理由は書かない
  • 職務経歴には会社名と業態(ドラッグストア・スーパーマーケットなど)や医薬品販売に関連した業務を明記し、可能であれば取扱医薬品数や相談応需数なども記載する
  • 店長経験など店舗管理経験がある場合はアピールポイントになる

登録販売者の職務経歴書サンプル

登録販売者向けの、職務経歴書のサンプルをご紹介します。必ずしもこのとおりに書く必要はなく、自分がこれまでに経験してきた業務や挙げてきた成果と実績を、効果的にアピールしましょう。そのためには、求人情報や募集企業のウェブサイトを改めて参照し、経営理念や事業の特徴、求められている人材やスキル、採用基準などを確認しましょう。その上で、その企業の求人ニーズに合った自分のアピールポイントを打ち出すようにします。

〈登録販売者の職務経歴書のポイント〉

  • 1.
    略歴
    職務の要約は、書類選考での印象付けとなる大事な部分です。実績や取組み姿勢などを含めて記載しましょう。
  • 2.
    活かせる経験・スキル
    自身の経験やスキルを、箇条書きで記入します。店長経験などがあれば必ずアピールしましょう。
  • 3.
    担当業務
    医薬品販売の経験を具体的に記載しましょう。
  • 4.
    マネジメント経験をアピール
    マネジメント経験は重要なアピールポイントです。具体的に記載しましょう。
  • 5.
    自己PR
    自己PRも忘れずに記載しましょう。強みになるスキル、経験、登録販売者以外で医薬品販売にも役立つ資格、今後のキャリアプランなどを記入します。

アポプラス登販ナビの登録メリット

  1. 1
    10年以上の実績と「登録販売者専門」の豊富な知識が、理想の職場へつなぎます。 登録販売者に特化したチームで、企業と求職者のベストマッチングが実現できています。
  2. 2
    面接設定後の内定獲得率は80%以上、求人紹介から入社まで一気通貫サポート。 面接対策や面接同行を行い、一人ひとりに寄り添ったサポートが高い内定率につながります。
  3. 3
    業界No.1の求人数。雇用形態や業態ごとに、求職者に合った働き方をご提案。 あらゆる業態で最多求人数を扱っており、さまざまなな働き方をご提案いたします。