APOPLUS 登販ナビ Powered by アポプラスステーション株式会社

サポートを受ける

お電話でのご登録・ご相談も承っております。

フリーコール 0120-332-290

月~金曜(祝・祭日を除く) 9:00~20:00

  1. 登録販売者 求人・転職TOP
  2. 登録販売者お役立ち情報
  3. 受験・合格後について
  4. 「登録販売者販売従事登録」に必要な書類

「登録販売者販売従事登録」に必要な書類

登録販売者試験に合格して資格を取得できたとしても、それだけでは登録販売者として働くことはできません。
登録販売者として働くには、登録販売者販売従事登録が必要となり、その登録には医師による診断書や雇用証明書といった書類が必要になります。ここでは、登録販売者販売従事登録に必要な書類や注意点などについて詳しくご紹介します。

登録販売者販売従事登録とは

登録販売者試験に合格すると、合格証または合格通知書が届きます。しかし、それだけでは登録販売者として仕事をすることはできません。勤務先となる店舗を管轄する都道府県で、登録販売者販売従事登録を行う必要があります。申請をして販売従事登録証を発行してもらい、ようやく登録販売者として仕事をすることができます。

登録販売者販売従事登録の届け出先

登録販売者販売従事登録は、実際に就職先が決定しないと提出することができません。提出先は、勤務地の各都道府県です。例えば、東京都で受験して合格した場合でも、神奈川県で勤務する場合には、提出先は神奈川県になります。提出方法は、郵送もしくは直接持ち込み(都道府県により異なる)となります。詳しくは各都道府県のウェブサイトで確認してください。

販売従事登録証の交付は、窓口での受け取り、または郵送となりますが、即日交付ではなく、数日かかりますのでご注意ください。一般的に、申請から2週間ほどで、手にすることができます。

登録販売者販売従事登録に必要なもの

登録販売者販売従事登録を提出する際には、次のような書類と登録料が必要です。

  • 販売従事登録申請書(各都道府県ウェブサイト、保健所で入手可能)
  • 登録販売者の合格通知書
  • 戸籍謄本、戸籍抄本または戸籍記載事項証明書(発行から6ヵ月以内)
  • 医師による診断書(診断日から3ヵ月以内)
  • 使用関係を示す書類(雇用証明書など)
  • 登録手数料(都道府県によって金額は異なる)

必要となる診断書とは

登録販売者販売従事登録の申請で必要な書類の中でわかりにくいのが、医師による診断書です。これは、精神機能の障害のほか、麻薬、大麻、あへん、覚醒剤の中毒者ではないことを証明するために必要なものです。特別な医療機関に行く必要はなく、かかりつけ医にお願いすることができます。

登録販売者販売従事登録での注意点

ほかにも、登録販売者販売従事登録に関する注意点には、以下のようなものがあります。

  • 勤務先が変わった場合
    再登録の必要はありません。
  • 登録内容が変わった場合
    販売従事登録証の記載事項の変更、本籍地、氏名、生年月日などで変更があった場合には、書換え交付の申請が必要です。
  • 紛失した場合
    再登録が必要です。なお、その後に販売従事登録証を発見した場合には返納が必要となります。

販売従事登録後の働き方について

販売従事登録が終わっても、まだ一人前の登録販売者ではありません。店舗の管理者・管理代行者の管理・指導の下でなければ医薬品の販売はできず、名札に「登録販売者(研修中)」と表記する必要があります。1人でも医薬品が販売できるようになるには、「実務(業務)従事証明書」が必要となります。

実務(業務)従事証明書について

「実務(業務)従事証明書」とは、一人前の登録販売者であることを認める証明書です。登録販売者として自立して働くためには、過去5年以内に2年以上の実務経験が必要です。もし、実務経験が2年に満たない場合には「登録販売者研修中」の身分となり、薬剤師または登録販売者(店舗管理者・管理代行者の要件を満たした者)の管理および指導のもとで、医薬品の販売に従事する必要があります。
また、過去に実務経験が2年以上ある人や、新規に働き始めて実務経験が2年に達した場合には、実務(業務)従事証明書を申請できますので、申請書を提出するようにしましょう。申請書は各都道府県のウェブサイトより手に入れることができます。
なお、「実務経験」とは、次のような要件を満たした場合に認められます。

  • 一般従事者として、薬剤師・登録販売者の管理下で医薬品販売の実務に従事した
  • 登録販売者として、薬剤師・登録販売者の管理下で医薬品販売の業務に従事した
  • 登録販売者として、店舗管理者または区域管理者の医薬品販売の業務に従事した

実務経験年数の計算方法

実務経験年数にカウントできるのは、1ヵ月に80時間以上、医薬品販売に従事した月となります。なお、1ヵ月に80時間勤務したと換算されるのは、同一月・同一店舗において実務・業務を行った場合となります(ただし過去5年間で2年以上の実務・業務経験がある登録販売者は、同一月に、同一業者の複数店舗にまたがって1ヵ月に合計80時間以上業務に従事した場合も、実務経験として認められます)。

アポプラス登販ナビの登録メリット

  1. 1
    10年以上の実績と「登録販売者専門」の豊富な知識が、理想の職場へつなぎます。 登録販売者に特化したチームで、企業と求職者のベストマッチングが実現できています。
  2. 2
    面接設定後の内定獲得率は80%以上、求人紹介から入社まで一気通貫サポート。 面接対策や面接同行を行い、一人ひとりに寄り添ったサポートが高い内定率につながります。
  3. 3
    業界No.1の求人数。雇用形態や業態ごとに、求職者に合った働き方をご提案。 あらゆる業態で最多求人数を扱っており、さまざまなな働き方をご提案いたします。